略歴(シーティング関連・約1200字)

略歴(簡易版・約600字)
略歴(普通版・約1200字)
略歴(詳細版・約2000字)
山崎 泰広(やまざきやすひろ)   略歴(シーティング関連)


1960年(昭和35年)1月28日東京に生まれる。

77年より米国の高校に留学。79年2月、転落事故により脊髄損傷、下半身麻痺となる。

85年、マーケティングとコンピューター科学を専攻し、ボストン・カレッジ経営学部を卒業。
帰国後、食品会社に就職。

90年独立し、当時遅れていた日本の福祉機器を変えようと、欧米から高性能なモジュラー型車いすや褥瘡予防クッション等を日本に紹介するため(株)アクセスインターナショナルを設立。

93年、褥瘡治療のために入院していた米国の病院で「車いすシーティング」に出会い、その優れた考え方と技術を日本に紹介して普及させるために日本総代理店となったシーティング機器の世界的なトップメーカー、ジェイメディカル社での講習をきっかけに、毎年欧米の講習会に参加して最新技術を学び、23年にわたって日本全国でシーティング・セミナーを開催している日本のシーティングのパイオニアのひとりである。

シーティング・スペシャリストとして身障児から高齢者まで、すべての車いす使用者の悪い姿勢による変形や褥瘡をはじめとする二次障害を防止し、機能性を向上して自立を支援するために車いすとシーティングのコンサルティングを行っている。

まだシーティングが認知されていない時期に月刊ナーシング1996年8月号の褥瘡ケア特集やエクスパートナース2000年1月号2月号で褥瘡予防と再発防止・離床と変形防止のためのシーティングについて執筆。反響を呼んだ。最近ではエクスパートナース2010年3月号に「ナースはこれだけは見逃さない!車椅子のシーティング」、リハビリナース3巻2号の特集「リハビリと褥瘡」にシーティング・スペシャリストの立場から2つの章を執筆した。

適切なシーティングを提供するために必要な製品を日本に紹介するために、米国最大手の身体障害者関連機器メーカーであるサンライズメディカル社の車いす(クイッキー)に加えて、世界中で使われているジェイ・シーティング製品、ウイットマイヤー・ヘッドサポート製品、ボディポイント社のポジショニング・ベルト等を日本に紹介。多くの優れた欧米企業の日本総代理店として活動している。

94年からは重度障害者がコンピュータを使用するための周辺機器やコミュニケーション機器を日本に紹介。障害者の自立支援のために、車いす・シーティング・電子支援機器に関するコンサルティングとセミナーを全国で展開すると共に、ユニバーサルデザインの考えの基に、リフォームから街づくりまで様々なコンサルティングを行っている。

著書に「運命じゃない! シーティングで変わる障害児の運命」(藤原書店刊)、
    「愛と友情のボストン 車いすから起こす新しい風」(藤原書店刊)、
共著に「在宅 褥瘡対応マニュアル 改訂第2版」(日本医事新報社刊)
    「治りにくい褥瘡へのアプローチ、予防・治療・ケアのさまざまな試み」(照林社刊)がある。