略歴(普通版・約1200字)

略歴(簡易版・約600字)
略歴(詳細版・約2000字)
略歴(シーティング関連・約1200字)
山崎 泰広(やまざきやすひろ)


1960年(昭和35年)1月28日東京に生まれる。

77年より米国の高校に留学。79年2月、転落事故により脊髄損傷、下半身麻痺となる。
ボストン大学病院脊髄損傷センターでリハビリを受け、高校に復学。大学に進学する。

85年、ボストン・カレッジ経営学部を卒業。
帰国して食品会社に就職。

帰国した当時の遅れていた日本の福祉機器を変えようと、90年、車椅子とシーティングを中心に障害者の自立を支援する優れた機器を世界中から提供する(株)アクセスインターナショナルを設立。

米国最大手の身体障害者用支援機器メーカーであるサンライズメディカル社(クイッキー車いす、ジェイシーティング製品)等、多くのメーカーの日本総代理店として活動している。

93年から毎年欧米の講習会で勉強し23年に渡って全国でセミナーを開催。障害児から高齢者まですべての車いす使用者の変形や褥瘡等二次障害の予防と悪化防止、自立支援と介護軽減を実現するために活動を続けている日本のシーティング第一人者である。

94年10月から障害者向けの意思伝達装置、入力支援装置、環境制御装置を中心に障害者に対する電子支援機器の販売とのコンサルティングを行ってる。

95年、日本初の身障者のためスポーツ情報誌「アクティブジャパン」を創刊。97年まで初代編集長として企画から編集までを行った。当誌は日本に障害者スポーツを周知させた雑誌として知られている。

85年帰国時から日米のバリアフリー格差を痛感。講演と委員としての活動によりバリアフリー化/ユニバーサルデザイン化を推進する活動を続けている。

99年4月、働く障害者を中心に日本身体障害者社会人協会設立。2016年、(株)アクセスコンサルティング設立。バリアフリー化や街づくりを中心に企業・地方自治体等のコンサルティングを行っている。

内閣官房・ユニバーサルデザイン2020関係府省等連絡会議、内閣府・社会還元加速プロジェクト、東京都スポーツ振興審議会委員、佐賀UD推進会議アドバイザーなど行政や地方自治体の様々な委員を歴任。

障害者と高齢者の自立支援を目指して、車いすをはじめとする自立支援機器に関するコンサルティングとセミナーを全国で展開すると共に、ユニバーサルデザインの考えの基に、リフォームから街づくりまで様々なコンサルティングを行っている。

92年バルセロナ・パラリンピックでは100m平泳ぎで6位に入賞。スクーバダイビングでは850本を超える潜水キャリアを持ち、車いす使用者としては日本初のダイブマスターとして障害者や高齢者のダイビング指導に協力している。

著書に「運命じゃない! シーティングで変わる障害児の運命」(藤原書店刊)、
    「愛と友情のボストン 車いすから起こす新しい風」(藤原書店刊)、
共著に「在宅 褥瘡対応マニュアル 改訂第2版」(日本医事新報社刊)
    「治りにくい褥瘡へのアプローチ、予防・治療・ケアのさまざまな試み」(照林社刊)がある。